大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

「ラジエター液」と「ブレーキオイル」の定期メンテナンスをしよう!

2017年12月14日 ブログ

車はメンテナンスを行う事で寿命をかなり伸ばすことができます。しかし、24か月と12カ月の定期点検整備を行っているにも関わらず、日常点検を行っていない方が多くいらっしゃいます。車のメンテナンスを定期的に行う事は車の寿命を延ばすだけでなく、事故の防止にも繋がります。今回は定期メンテナンスといってもどこを見ればいいのか分からない方がほとんどだと思うので説明させていただきます。

■ラジエター液
ラジエター液とはエンジンを冷やす液体の事です。「冷却水」などと呼ばれることもあります。これが古くなると冷却能力が低下し、エンジンがオーバーヒートを起こすことがあります。それだけでなく、エンジンの内部が錆びる原因にもなります。
・交換時期
新車の場合は3年、それ以降は2年ごとに交換するようにしましょう

■ブレーキオイル
自動車がブレーキをかけた時に制動力(車を止める力)を伝達する液体です。これが劣化すると坂道で突然ブレーキが利かなくなる「ペーパーロック現象」が起こる可能性が上がります。
・交換時期
ラジエター液と同じで、新車の場合は3年後、それ以降は2年ごとに交換するようにしましょう。

■まとめ
これらは定期メンテナンスが必要なところのほんの一部です。他の記事ではまだまだ紹介しているのでそちらも確認するようにしてください!

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。