大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

へこみをマシにしたい!自分でできる応急処置をご紹介!

2018年7月27日 ブログ

愛車にできてしまったへこみ、こうしたダメージは業者を利用すれば簡単に直してもらうことができます。

ただ、わざわざ依頼するほどではない、できればお金を掛けずに修理をしたい、と考えるオーナーもいるはず。

そのような場合は自分で行える応急処置を行ってみるのが良いかもしれません。

その方法というのはドライヤーと冷却スプレーを使ったやり方です。

作業はとても簡単で、まずはへこみのあるところにドライヤーで温風を当てていきます。

時間にして20分~30分ほど当てたら、後は冷却スプレーを使って一気に冷やします。たったこれだけの作業で目立ちにくくさせられるはずです。

なぜへこみが元通りになるのかその仕組みは、使用されている金属を温めその上で急速に冷やすことで元に戻ろうとする力が働くからです。

金属には形状記憶の特性がありますので、その特性を利用することで簡単にキレイにすることができます。

なお、樹脂が用いられているバンパー部分も同様にへこみ対策を行えます。

樹脂の場合は温めると柔らかくなりますから、ドライヤーで温めたら、後は内側から押してあげるとキレイになるはずです。

ここで紹介した方法で、ある程度はへこみを改善できますが、ただあくまでも応急処置にしか過ぎません。

目立ちにくくなるものの完全にはなだらかにならないこともありますから、しっかりと直したい時にはプロに依頼するのがおすすめです。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。