大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

タイヤの空気圧の重要性

2017年5月14日 ブログ

最近のタイヤは性能が上がり、簡単に空気が抜けなくなっています。
しかし、それでも徐々に空気は抜けていくので、3カ月に1度、最低でも半年に1度くらいは空気圧をチェックすることが大切です。
タイヤの空気圧が適正であるかどうかは、クルマを運転する上でとても重要です。
その重要性の高さについては、自動車学校でも習ったことでしょう。


タイヤの空気圧が低すぎると、まず燃費が悪化します。
ハンドルが重く感じたり、アクセルに対する反応も重く感じたりします。
二つ目に高速道路を走るような場合は、タイヤが変形してしまいバーストの原因となってしまいます。
これに対して空気圧が高すぎると、ぽんぽんと弾んでしまったり、突き上げ感があったり、乗り心地が変わり酔ってしまうことも少なくありません。


タイヤの適正な空気圧については、クルマによって異なり、通常は運転席のドアを開けると内側に数字が書かれたシールが貼ってあります。
また空気が少ないときは、ガソリンスタンドで無料で補充することができます。
ガソリンを補充するときなどに合わせて調整すると良いでしょう。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。