大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

ワックスとコーティングの違いとは?その2

2017年9月1日 ブログ

前回はワックスとコーティングの違いについて、主に原料について紹介しました。今回も引き続き分かっているようで、いまいち把握できていないワックスとコーティングの違いについて簡単に紹介します。

2回目は
●艶出し
●メンテナンスの期間
についてです。

●艶出し
・ワックス
ワックスの目的は艶出しです。なので、きれいな光沢を求める方にはワックスは非常に適しています。主に濃色のボディのものに対して用いられていることが多いです。

・コーティング
ワックスと同様に艶出し効果があります。艶出しの効果についてもガラスコーティングであれば十分満足のいく光沢は得ることができると考えられます。

●メンテナンス期間
・ワックス
ワックスの有効期間は基本的に約半月ほどと言われています。もちろん、形状(固体、半練りなど)によって性能が異なるので一概に言うことができません。一般的な固形ワックスの場合は半月なので、その度に塗り直す必要があります。塗り直しを忘れてしまうと水垢などが発生しやすくなるので、小まめなメンテナンスが必要になってきます。

・コーティング
こちらもコーティングの種類によって具体的な年月は異なります。一般的なガラスコーティングであれば、2~3年ほど持つと言われています。これは自動車の利用状況や保管場所に依存するのであくまで目安です。メンテナンスも特に行うこともワックスに比べると少ないです。なので、ワックスと比較すると日々の作業量が少ないことが見込まれるので、忙しくメンテナンスの時間を確保できない方はこちらの方が良いかもしれません。

 

いかがでしたか?
前回に引き続き違いを紹介しました。次回、3回目が最後になります。最後はコストについてです。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。