大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

ワックスはボディの色によって使い分けよう!(淡色用)

2017年8月28日 ブログ

前回の記事で濃色用のワックスの特徴についてお伝えしました。今回は淡色用のワックスの特徴について紹介します。

おさらいですが、濃色用ワックスと淡色用ワックスの大きな違いはワックスに含まれるコンパウンド(研磨剤)含有量でした。

濃色の場合コンパウンドの量が少ないことが特徴でした。目的は艶出しのためでしたね。

一方、淡色の場合は艶がそこまで重要ではありません。単色で重要なのは傷の有無になります。

白い色や淡い青色のボディを持つ車に艶が見られることはあまりありませんよね。
基本的に淡色のボディ用のワックスにはコンパウンドが多く含まれています。

単色系特に白い塗装は濃色に比べて塗装が厚いため、コンパウンドで削り表面をきれいにすることでボディの美しさを保つことができます。単色系の場合目立つのは水垢や小さな傷になるので、それらを除去するためにもコンパウンドが含まれていることが重要なのですね。

 

いかがでしたか?
実際に売られているワックスはもっと細かな分類がなされています。ここで得た知識をもとに店舗で所有している車に適したワックスを選んでください。加えて、実際に売られているものにはメタリック用のものもあります。基本的には濃淡用と異なる大きな違いがあるわけではありませんが、自身の車に適しているかをしっかりと確認してください。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。