大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

傷やへこみを放っておくと?傷から広がる錆を防ごう!part3

2017年10月27日 ブログ

へこみや傷を放っておくと他にも悪いことはたくさんあります。見ていきましょう。

◦へこんだままで放置しておくと見た目も悪く、他の車からもぶつけられてもそのまま放っておかれる可能性がある。
車好きで車の見た目を重視する人は傷がついた場合などはすぐに修理したり、自分で補填するかと思います。

しかしそこまで車に興味がない人がいて傷を放っておくかもしれません。そうなるとさびて穴が開く可能性もありますし、他の車にぶつけられてもそのままにあてげにされる可能性もあります。

当て逃げをした場合した当て逃げした人は10万円以内の罰金となりますが、傷やへこみが多い車だとしったら、「この車は普段から当てられているのかな?

もしくは傷など普段から気にしていないのでもしかしたらばれないかもしれない」と考え、逃げるという考えが働くかもしれません。

ですのでそういった当て逃げを未然に防ぐためにもきちんと傷やへこみを直しておきましょう。

◦下取り時に金額が下がる
売ろうとしたときに傷がついているものやへこみがあるものは当然値段が下がってしまいますよね。ですので下取り時にはもちろん、傷がへこみがついた時点で修理することをお勧めします。

◦最後に
いかがでしたか。傷やへこみを放っておくと、大変なことになるということがわかりました。車にへこみや傷があると分かった場合はすぐに修理するなどして補填することをお勧めします。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。