大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

塗装とサビの関係とは

2017年3月17日 ブログ

サビが付いた車をご覧になったことはあるでしょうか。
あまり車のサビについての話は行われないため、馴染みがないかもしれません。
しかし、車は鉄を主な原料にして製造されているため、サビが発生する可能性は大いにあるのです。

では、何故車のサビについてあまり触れられないのでしょうか。
それには、塗装がサビの発生を抑制しているからです。
今回は塗装とサビの関係をお伝えします。
 
まず、車の原料である鉄と空気中の酸素が化学反応を起こすことで、サビが発生するのです。これだけみると、車にはスグにサビが発生してしまうように思われるでしょうが、そこで塗装が大きな役割を果たしています。
実は、塗装は鉄と酸素の接触を防ぎ、化学反応の発生を抑えているのです。車の塗装は何重にも行われ、更にその上から防腐剤を散布します。このような車にサビが付かないような工夫が行われているため、私たちはサビについてあまり注意を払わずに車を使えるのです。
 
いかがでしたでしょうか。今回は塗装によってサビが防がれていることをご説明しました。
この記事を参考に、時間があるときには、お持ちの車の塗装の状態を確認されてみてはいかがでしょうか。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。