大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

意外!!最近流行りのポリマー系コーティングのデメリットとは

2018年1月23日 ブログ

「ポリマー系コーティングって良いとこばっかりじゃん!」
「最近流行っているなら、何か良いものに間違いない!」
など、お考えではありませんか?

いくらメリットがたくさんあるからと言って、良いところばかりを見てはいけません。
物事にはいい面もあれば、悪い面もあるものです。
そこで今回は、ポリマー系コーティングのデメリットについてご紹介したいと思います。

まずはコーティングの膜が薄いというデメリットです。
一見すると単純なことのように思えますが、実は大きな問題です。
コーティングの膜が薄いということは、車に傷がつきやすい状態だということです。

意外かもしれませんが、車のボディはとても傷がつきやすいものです。
そのため、綺麗な車を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要となります。

次に、洗車でも洗い落とされてしまうほど、耐久性も低いというデメリットです。
洗車で洗い流されたポリマー系コーティングは流れ落ちるだけではなく、時にはシミとなって跡に残ってしまうこともあります。
そのため、やはり定期的なメンテナンスが必要です。

以上のように、今回はポリマー系コーティングのデメリットについてご紹介しました。
お分かりのように、定期的なメンテナンスによりこれらのデメリットは解消されます。
この機会に、ポリマー系コーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。