大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

立川の業者が伝授、バンパーのヘコミの応急処置方法とは?

2018年6月5日 ブログ

うっかりぶつけてバンパーがヘコんでしまった、そんな時にできる応急処置の方法があります。

程度によっては修理が必要ない程度にまで復活できることもあるため、いざという時の知識として持っておくのがおすすめです。

手軽な方法としてはヘアドライヤーを使ったやり方です。

実際のやり方は簡単で、ヘコんでしまった箇所に30分程度、温風を当て続けます。

十分に温まったら後は裏から軽く押してあげることで元通りになるはずです。

その後は冷却することでしっかりと形状が記憶されます。

簡単に直すことができるのは、バンパーが樹脂によってできているからです。

熱を加えることで樹脂が軟化しますので、その状態で裏から力を加えると簡単にヘコみを押し出すことが可能。

このやり方は修理会社が行うものとほぼ同じです。

プロの場合はバーナーで行うことが多いですが、ドライヤーでも代用することが可能でお金を掛けずに修理することができます。

ただし、完全に元通りになるとも限りません。

程度にもよるものの、70~80%の復元に留まることもあります。

目立ちにくくできますが、よく見るとヘコんだ状態に見えてしまうこともあるため、あくまでも応急処置として考えておくのが良いでしょう。

完全な元通りにしたい場合は、立川の会社にご相談頂ければキレイな状態に修理いたします。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。