大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

車のカラー選びに必見!汚れの目立ちにくいボディカラーとは?Part1

2017年9月13日 ブログ

車を持つとできる悩みの代表格と言えば「汚れ」ではないでしょうか。
汚れと一言で言っても泥や黄砂、細かい傷や色褪せなどなど…汚れの原因を挙げていくと数多くの種類があることがわかります。
どうせなら長く綺麗に愛車に乗り続けたいですよね。

そこで、今回はこれらの汚れを目立たせないボディのカラーについてご説明していきたいと思います!

■汚れの目立たないボディカラーとは?

車に付きやすい汚れの代表格としては、やはり黄砂や砂埃、土ハネ、水垢などの白っぽい汚れがあります。
その他にも、日中車を運転したり、駐車したりしている場合には紫外線による色褪せなどにも注意しなくてはなりません。
濃い色ほど色褪せが目立ちやすいので、長く使いたい方は基本的に薄い色を選ぶことになりそうです。

・白

なんといっても清潔感のある色の代表格、白が汚れの目立ちにくい色として挙げられます。
特に車に付きやすい汚れには白っぽいものが多く、ほとんどの汚れと同化して目立ちにくくすることが可能です。


白といってもシルバーに近いパールシルバーのようなものから真っ白なものまであります。
ただし、サビのような色のついた汚れについては他の色よりも強調してしまうことに注意しましょう。

 

次回も引き続き汚れの目立ちにくい色についてご説明していきます。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。