大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

車のキズ消しには何がいい?色々使える道具の種類を紹介します

2018年7月25日 ブログ

愛車にキズが付いた場合に修理会社に持ち込んでキズを修復してもらう人は多いですが、軽いキズであれば自分で修復することが可能です。

塗装の下地が見えているか確認して下地が見えている場合はプロに修理を依頼した方が安心ですが、下地が見えないなら自分で補修することができます。

道具の種類は用途によって異なりますが、よく知られているのはコンパウンドとタッチペン、スプレータイプの塗料です。

補修は簡単で、まず車をきれいに水洗いをします。

細かいコンパウンドを付けた布で気になる部位を磨きます。キズだけでなく汚れやシミ、水垢などもきれいになります。

引っかいたような線が付いた場合はカー用品店で販売しているタッチペンを使うことで目立たなくできます。

キズが広範囲の場合はスプレータイプの塗料で補修します。

タッチペンを使った補修と同様に車を水洗いしてからボディと同じ色のスプレー塗料で重ね塗りをします。

丁寧に数回に分けて重ね塗りをしていけば目立たなくできます。

パテを使う場合はボディを水洗いしてからマスキングテープでマスキングして耐水ペーパーで汚れやサビを削り落としていきます。

ボディカラーに近い色のパテをヘラを上手に使って傷口に埋め込み、パテが乾いたらマスキングテープを剥がします。

サンドペーパーで平らになるまで磨くときれいになります。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。