大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

車のメンテナンスはいつするべき?時期やタイミングを解説します

2018年7月29日 ブログ

車を長持ちさせるならメンテナンスは欠かせません。

どんなタイミングや時期でメンテナンスをしたらいいのかわからない人もいると思うので、一応の目安を知っておくとよいと思います。

一番わかりやすいタイミングは、車検や一年点検の時です。

最近の車は性能が良くなっていて、昔と違ってなかなか故障することが少なくなってきていますが、やはり消耗品なども多いので、定期的にしっかりと点検することは大切です。

一年に一回は定期点検をすることをお勧めします。

次に日常的にメンテナンスが必要になるのがオイルやタイヤです。

オイルはエンジンの調子を保つの役割がありますし、タイヤは日々の走行や安全面でとても重要なポイントになります。

オイルの場合は普通車以上なら1万キロか一年に一回は交換しておくとよいでしょう。

軽自動車はもう少し頻度が高く5000キロか半年に一度はオイル交換をするとエンジンをよい状態で保つことができます。

タイヤはパンクをしていなくても自然と空気が甘くなってしまいます。

ガソリンを入れるときなど、2ヶ月に一度くらいは空気圧をチェックしておくといいかもしれません。

空気が甘くなっていると燃費が悪くなったりハンドルを取られやすくなることもあるので、定期的にチェックしておくと安心です。

車のことをすべて任せられる馴染みの自動車工場を持っていると、さらに車を長持ちさせることができます。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。