大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

車の傷を修理しよう!自分で塗装する際の手順と注意点―注意点編

2017年9月29日 ブログ

愛車に傷がついてしまって自分で塗装したい。

そんな方に参考にしていただきたく、準備すべきものや大まかな手順についてご紹介してきました。

今回は、それらを実行するうえで気を付けていただきたい注意点をご紹介します。

■作業場の確保

雨や砂埃を避けるためにも、屋内のスペースで作業を行いましょう。

その際、塗料やスプレーの使用を考慮して、換気扇や窓のあるスペースを確保しましょう。

■自分の身を守る

なるべく塗料やスプレー、研磨した粉などを吸い込まないためにもマスクやメガネなどを用意しておくことをお勧めします。

■サンドペーパーの使い分け

研磨作業は塗装の工程で何度も必要になりますが、下地作りでは320くらいのサンドペーパーを使用し、工程の進度に合わせてサンドペーパーの番号も3000まで次第に上げていきましょう。

また、削る際は手で持って磨くと研磨が不均一になるので当て木などを活用して下さい。

■塗り方

塗装作業は何度もありますが、一気に塗ろうとすると液だれしてムラができやすいので注意してください。

綺麗に塗装するにはある程度の経験が必要になります。

 

このように、塗装作業をする上では準備、研磨、塗装とどの段階においても丁寧さと技術が求められます。

適当にやってしまって取り返しがつかなくなるのを避けるためにも、きちんと情報や道具を集めたうえで作業を行いましょう。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。