大切なお車の板金塗装は、信頼と実績の立川・武蔵村山・昭島の板金塗装「矢萩自動車」へ

お問い合わせ | Q&A | 支払い方法

車検にかかる費用はどれくらい?車検の種類によって変わる費用をお知らせします。

2018年7月13日 ブログ

車に乗り続けるためには国が定めた一定期間ごとの検査が必要であり、車検と呼ばれる点検を行う義務があります。

このほかにも自動車の用途に合わせて一年ごとに行う法定点検や、車検のタイミングで行う24ヶ月定期点検などがあります。

車検にはどこで受けても同額にかかる法定費用(自動車重量税・自賠責保険料・印紙代)と基本料の2種類があるのです。

車検基本料は必要な点検や整備を行うためのものであり、ディーラーや整備工場、カー用品店やガソリンスタンドなどの様々な場所で行うか、ユーザー車検で対応するかによってその値段が違ってきます。

車の状態によってはエンジンオイルやブレーキパッドなどの交換が必要な場合には別に追加費用がかかるケースもあります。

自動車を購入した場所であったり、自動車メーカーのディーラーで受けるディーラー車検はその車種に対して高い技術と専門性の高いプロの整備士が行う為に安心して任せられます。

その分価格はやや他の種類よりも高くなっており、基本料は4~10万円程度かかります。

費用が一番安く済むユーザー車検はその名前の通りに、ユーザーが自分で検査場に持ち込んで点検を行います。

費用は法定のみのために安価に済ますことが出来ますが、全てにおいて自己責任となるリスクもあり車に詳しい人以外はなかなか利用出来ない方法でもあります。

お車のことお気軽にお尋ねください

おクルマのキズやヘコミの修理のことがわからない!そんな時はお気軽にお尋ねください。車検のことがわからない!修理やメンテナンスってどうすればいい?などわからないことございましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。責任をもってお答えさせていただきます。